今回、ご登場いただくのはFC東京のゴールキーパーで、ロンドンオリンピックでの活やくも記おくに新しい権田修一(ごんだしゅういち)選手。 実は権田選手は、サッカー選手の中でも特に栄養や食事にこだわりを持っていることで有名で、本サイト『ごはんだもん!げんきだもん!』のスポーツ栄養の先生、久保田ひさこ先生(FC東京栄養アドバイザー)ともなかよしなんです! そこで今回は、久保田先生が権田選手にスペシャルインタビューを行い、ジュニアサッカー選手やその保ご者から寄せられた「食」に関する様々な質問に、たっぷりお答えいただきました。 権田選手を支える“食べ物パワー”は、一体何なのでしょうか!?

「海外ではどんなものを食べていますか?」現地で“自分の体に良さそうなモノ”を見つけます!

「オリンピックでは大変な活やくで、おつかれ様でした。
日本とイギリスは気温差もありますが、今の体調はいかがですか?」

「ロンドンは涼しかったので、帰ってきてすぐは多少差を感じましたけれど、基本的に夏バテはせず、毎日元気です。」

「ロンドンの食事はどうでした?」

「思ったより、魚がおいしかったですね。白身魚をグリルしたものばかり食べていました。
オリンピックでは、ずっと中二日で試合だったので、常に食事のペースをくずさないように意識していました。普通なら疲れて食欲が落ちるのかもしれないけれど、僕はいくらでも食べられちゃうので(笑)。むしろ食べすぎないように体重を測ってコントロールしていましたね。
今回は、なめたけや梅干しが用意されていたので、おかずに困ったら食べていました。」

「久保田先生、味の濃いおかずは、塩分のとり過ぎになりませんか?」

「いえ、そんなことはありませんよ。よく質問を受けるのですが、アスリートの場合は主食を多めにとる必要があるので、ごはんが進むおかずが必要です。また摂取する総エネルギー量が多いから、比例して塩分が多くなるのも仕方がない部分も。その分、ほかのおかずはうす味にしたり、味にメリハリをつける工夫が必要になってきますね。」

「僕は、うす味が好きなんですよ。他の選手は肉や魚に塩をかけたりしていますが、副菜で十分塩分をとっているときは、そのまま食べるようにしています。」

「子どものときの食生活は?」母がしっかりサポートしてくれました!

「次の質問は、ジュニア選手から寄せられた中で一番多かった質問です。
「好ききらいはありますか? きらいなものはどうやって食べられるようになりましたか?」

「うちは、父親がバスケットボール選手で、母親がその食事管理をしていたので、“スポーツ選手の食事”というものがよくわかっていた家庭でしたね。「子どもにもいろいろなものを食べさせた方がいい」というのが母の考えでしたので、食べたことのない料理でも食わずぎらいせず、なんでも口にする習かんがつきました。」

「でも、権田さんの唯一の嫌いな食べ物が……」

「ニンジンです(笑)。カレーに入っている程度なら大丈夫なのですが、グラッセとか甘く味つけたニンジンが苦手で。今でも年に何回かチャレンジしてるんですけれど、まだ好きになれませんね。でも、その代わりに“カボチャ作戦”で……」

「 “カボチャ作戦”ですか?」

「そう、ニンジンの主要な栄養成分はβ(ベータ)-カロテンなので、同じくβ-カロテンが豊富なカボチャをたくさん食べておぎなおう、という……。」

「好ききらいなく何でも食べられるのが理想ですが、それでも食べられないものもある。嫌いなものを鼻をつまんで飲みこんでも、ちっとも美味しくないし、楽しくないですよね!?だったら権田さんのように、他の食品で栄養をおぎなうというのは正しい考えですね。
それに、今でもあきらめずに何度か挑せんし続ける、という姿勢がすばらしい!」

「“大人になったら食べられるようになる”とよく言われるので。でも、まだダメみたいです。もう少し大人にならないと(笑)。」

「朝食は、ご飯、それともパン?」ガッツリ和食+ヨーグルトとフルーツです!

「次もジュニア選手から寄せられた質問です。
「子どものころの朝ご飯は、どのようなものを食べていましたか?ご飯派ですか?パン派ですか?」

「うちはずっと和食です。わが家は朝食を絶対に食べる家庭だったので、朝からかなりしっかりと食べてましたね。」

この「ごはんだもん!げんきだもん!」は、子どもに“早寝、早起き、朝ご飯”をすすめているんです。最近の子どもは夜型になり、朝ご飯を食べない子も増えています。

「僕としては、朝食をとらないことは、考えられない。だって、お腹が空いたまま学校に行ったら、すぐにつかれちゃいますよ。以前、朝食をとらないチームメイトがいたんです。彼に『朝ご飯は食べた方がいいよ』と言ったら、『でも太るから……』って言うんですよ。そんなこと、絶対にないのに。でも僕が強く言うので、朝ご飯を食べるようにしたところ、『やせてきたよ!』って。朝ご飯は、とても大切ですよ!」

「その通り! 朝食を抜くと、前の日の夕食から次の日の昼食まで“食べない時間”が続くので、カラダがしぼうをたくわえよう!と勝手に働いてしまいます。
それに、朝食は“一日のアップ”にあたりますから、子どものうちからしっかりと食べる習慣をつけてほしいですね。」

「ありがとうございます。こうやって権田選手に力強く言っていただくと、子どもたちにもしっかりと伝わると思います。
では、子どものころの、朝食のメニューを教えていただけますか?」

「毎朝食べていたのは、卵ですね。卵とじだったり、オムレツでしたり。卵は食べ過ぎも良くないということで、わが家では卵料理は朝食でしか出ませんでした。これに加えて、ヨーグルトとフルーツは必ず食べていました。」

「和食でもヨーグルトですか?」

「和食・洋食関係なく、ヨーグルトは食べていましたね。今でもヨーグルトは必ず食べていますよ。フルーツを入れたり、そのままだったり。3食ごとに食べてるかも。自宅にも必ず置いてあります。体づくりには、おいしく食事を食べる必要がある。そのためには、お腹の調子が大事です。お腹の調子を整えるのは、ヨーグルトだ! という風に思っているので。」

「私の方から、チームキャンプや遠せい先でも、ヨーグルトとフルーツは用意してもらうようにお願いしています。ヨーグルトのめんえき力についても、選手にレクチャーしたりしていますね。ヨーグルトは、アスリートに限らず、子どもたちにもおススメです。ぜひ、しっかり食べていただきたいですね。」

「ヨーグルトは、大人も子どもも大好きですよね。
さて次は、保ご者からの質問です。
「中学・高校時代はどのようなお弁当を食べていましたか? 印しょうに残っているお弁当のおかずはありますか?」

「FC東京のU-15・U-18で活動していたので夕方〜夜に練習をしていました。家に着くのが夜になり、そこから夕食となると、次の日の朝食があまり食べられないんですよ。でもそれだとすぐにつかれるから、ということで、母が学校の休み時間に食べられるように、小さなお弁当を3~4個作って持たせてくれました。」

「さすが、権田さんのお母様ね! よく、お弁当を休み時間にチョコチョコ食べる、という話を聞くけれど、それだとどうしてもいたみやすくなってしまうの。でも小さなお弁当を小分けで食べるのなら、その心配はなくなるから、とてもいいアイデアだと思いますよ。」

「印しょうに残っているお弁当のおかずは、塩つくねですね。あっさりしていて、おいしかったな。試合の時には必ず入っていて、よく覚えています。
あとはトマトとか、母が久保田先生のセミナーでいいと聞いてきたブロッコリーもよく入ってましたね。」

「FC東京U-15・U-18の保ご者を対しょうに、毎年セミナーをやっているんです。権田さんのお母様は、6年間毎年参加してくださって。すでに栄養の知識はお持ちだったので、確認もかねての参加だったと思うのですが、とても熱心なお母様でした。」

取材日:2012年8月28日

選手&チームのご紹介

権田修一選手

FC東京U-15、FC東京U-18を経て、2007年にトップチームに昇格。2009シーズンにレギュラーに定着し、Jリーグ記録に並ぶ完封16試合を達成。U-15時代から各年代の日本代表正GKとして活躍し、2012年ロンドン五輪ではU-23日本代表に選出。ベスト4入りに貢献した。

【Jリーグ デイビジョン1 FC東京】
東京都をホームタウンとするプロサッカークラブで、前身は1935年に創部された「東京ガスフットボールクラブ」。1992年からJFLに参加、1999年には「FC東京」となりJ2へ参戦、2000年にはJ1に昇格。2010年にJ2降格となるも、2011年にはJ2優勝を果たしJ1復帰。クラブ初となる天皇杯優勝を果たすとともに、2012シーズンのAFCチャンピオンズリーグへ出場した。
「FC東京」公式サイト http://www.fctokyo.co.jp/

編集部より

実は「ニンジンがきらい」という意外な一面を持つ権田選手。子どもの頃は、たくさんご飯を食べる、元気なサッカー少年だったんですね! さて気になるプロになってからの食生活については、後編でたっぷりお伝えいたします。 どうぞ、お楽しみに!

ページトップへ戻る