3月下旬の春休み、経堂インドアテニススクールにて、テニスプレーヤーの浅越しのぶプロによる「テニスクリニック」が開さいされました。
この「テニスクリニック」は、(公財)ダノン健康栄養財団の食育事業の一環として、“スポーツ”と“食育”をテーマとした、子どもたちの健康な心とカラダ作りを応えんするイベントです。
今回は、日本女子テニス最後のグランドスラムシングルスベスト8及び全米オープンシングルスベスト8進出の浅越しのぶプロのもと、テニスクリニックと公開インタビューが行われました!

集まったのは、テニススクールに通う小・中学生25人。プロの選手を前にみんな緊張。
「朝ごはんは、ちゃんと食べてきましたか?」浅越プロの問いかけから始まりました。

準備体操と浅越プロの説明の後、各レベル別に3チームにわかれてグループでトレーニング。
浅越プロが各グループを回って、ひとりひとりに熱心に指導してくれました。

「やったー!!打ち返せたよ!」
アドバイスのおかげで、みんなどんどん上達していきます。

1対1でのミニゲームでは、プロと直接ラリーできるめったにない機会にみんな大興奮です!真剣勝負が続きます。

休けい時間は、ミネラルウォーターとヨーグルトで水分&栄養補給(ほきゅう)。
動き回って疲れた体には、エネルギー補給が欠かせません。
あっという間に完食です。
浅越プロは、ドリンクタイプのヨーグルトを気に入ってくれました!

テニスのあとは、スポーツ栄養アドバイザーの久保田尚子先生を交えて、「食育スペシャルインタビュー」がスタート。
浅越プロの子どものころの話や海外遠征での食事の話など、興味深く、みんな真剣に聞いていました。

⇒その模様は、「食育スペシャルインタビュー」でどうぞ!

最後にみんなで記念撮影。
気さくで明るくて元気いっぱいの浅越プロ。最初は緊張しておとなしかった子どもたちも、笑顔がいっぱいに。浅越プロからテニスの技術や楽しさを学んだ子どもたち。テニスがもっともっと好きになったことでしょう。未来のアスリートたちの成長が楽しみです。

スポーツで健康的な汗を流し、そして食事についてしっかり考える。
浅越プロによる「テニスクリニック」は、大満足&大充実(じゅうじつ)のイベントとなりました。

ご参加いただいたみなさま、浅越しのぶプロ、本当にありがとうございました!

また、本イベント共催で会場及びスタッフのご協力頂きました経堂インドアテニススクールのスタッフ御一同様には深く感謝申し上げます。

浅越しのぶさん プロフィール

■生年月日:1976年6月28日 兵庫県出身
■身長:170センチ
■利き手:右
■バックハンド:両手打ち
〇1997年デビュー、2006年引退
○WTA自己最高ランキング21位、ダブルス13位、全米オープンテニスシングルスベスト8、全豪オープンテニスダブルスベスト4、日本女子No.1

協力:経堂インドアテニススクール

経堂インドアテニススクールでは、健康に汗をかき、仲間と語らう、そんな素晴らしいテニスライフをより多くの方々に楽しんでいただけるよう、万全のサポート体制でみなさまをお待ちしております。一般向け、ジュニア向けのスクールございます。
経堂駅南口駅前すぐの好立地でお気軽に通って頂けます。

詳しくは下記ホームページをご覧ください
http://www.kyodo-tennis.com/

ページトップへ戻る